プログラミングスクールに通ってみた!!Webアプリ開発Ruby on Rails

2020年1月よりDive into Codeに通いだしたアクアリウム好きの駆け出しプログラマーです! 自分のための備忘録としてブログを開始! 自分にとって発見であったり、これは要チェックというものを日々積み上げていき最終的にリファレンスとして活用できればという思いでやっております。 なお、駆け出しと言うことでここに記載する内容の信憑性に関しましては責任を負い兼ねますのでご理解いただければと思います。 また、ご指摘に関しましては是非お寄せいただければと思っておりますので、お気軽にどうぞ!

herokuを簡単にまとめてみた!

herokuを使ってみた!

環境構築

1.アカウント登録(https://dashboard.heroku.com/)

2.herokuのインストール

brew tap heroku/brew && brew install heroku 

 3.開発したアプリのディレクトリ下でログイン

heroku login

*Waiting for login...で進まない場合は、

heroku login --interactive

4.herokuにアプリケーションを作成

heroku create 

5.アセットプリコンパイルを実行

rails assets:precompile RAILS_ENV=production 

6.herokuにpush

git push heroku master 

 
7.herokuにアプリのデータベースをマイグレーション

 heroku run rails db:migrate

8.アプリをheroku上で確認

heroku open

*urlは(https://ドメイン名.herokuapp.com/)

herokuコマンド

ドメイン名の確認

heroku domains

・詳細確認

heroku config

・herokuコンソール入力

heroku run rails c

・リアルタイムでログを流す

heroku logs

*末尾に-tを付けるとリアルタイムにログを表示 
・サーバーの再起動

heroku restart 

 ・heroku上のデータベースをリセット

heroku pg:reset DATABASE 

・herokuアプリを削除

heroku apps:destroy --app アプリ名